脱毛を考えるメンズの施設選びのポイント

メンズは女性と比べて毛が太く密度がある分、脱毛施術の回数が多くなりがち

メンズ脱毛は、メリットの豊富さから人気が高まっていますメンズは女性と比べて毛が太く密度がある分、脱毛施術の回数が多くなりがちメンズ専用の施設が増えていることからニーズが高まっていることが窺える

これなら営業時間内に無理して足を運ぶ必要がなく、週末や休日の時間がある時に、余裕を持って施術が受けられるわけです。
メンズは女性と比べて毛が太く密度がある分、脱毛施術の回数が多くなりがちです。
医療機器が使えないサロンの光は、レーザーに対して出力が低いことから、10回以上の施術を要します。
実際は部位にもよりますが、2年から長ければ3年は定期的に通う必要があるでしょう。
一方、レーザーは1回あたりの効果が優れているので、回数は5回ほど、年数は1年もあれば十分となります。
当然ながら医療行為に当てはまるレーザーの方が費用は高いので、1回あたりの出費は医療機関が大きく上回ります。
このように、サロンと医療機関で違いがありますから、予算や希望と相談しながら決めることが大切です。
両者の決定的な違いとしては、光の効果は一時的な抑毛に留まり、レーザーは半永久的な効果をもたらすことです。
絶対的な効果はレーザーに軍配があがりますから、例えばあごひげの永久脱毛を希望するのであれば、医療機関一択です。
肌が弱く痛みも苦手、そういう人にはサロンも有力な選択肢となるでしょう。
元々毛が薄めだったり、お手入れの手間を減らしたいだけなら、光でも十分ということになり得ます。
メンズ特有のひげ剃りは、生涯において2千時間以上も費やすことになります。
費用は40万とも50万ともいわれていますから、そう考えると早く脱毛してしまった方が、時間もコストの無駄も減らせるので合理的です。